Cross of Wings -ver.weblog-

「Cross of Wings-revision-」's diary.  URL→http://ariato7ni339i.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょっと不思議な夢、見たの

ええと、こちらはまさかの作者コメント発見できず、ということで、2010/02/09のあたいがコメントをつけていこうと思います。今更ですが気にしない。

苦戦した割には、今でも落ち着いて見れるという作品ですね。精神的に青いにもほどがありますがw
ただし、「落ち着いて見れる」というのは客観的に見た場合にのみ、でございます。あたい自身の主観で見ると――ありのままの自分モロ出しな感じでうへへあははな気分になります。

舞台設定は、どう見ても大宮西部です本当にありがとうございました。荒川の土手まで上れば、リアルに新都心も見えます。天気が良ければ浦和の方まで見えるんじゃないでしょうか。周りに障害物もなく、晴れ渡って暖かい日なら、gdgdするのには向いてる場所だと思います。バックに放牧されてる牛の声を聞きながらピクニック気分。どんな牧歌的な風景やねん。政令指定都市とは思えない風景がそこにありますw
だからこそ、「始まりの街」にも設定しやすいと思います。何もなくてどうにも田舎くさい、旧世代のRPGならば、こんなところがスタートだったと思います。マサ●タ●ン的な。

見直した感想としては、とてもかわいい物語だなぁ、とw なんかかわいい。発想とか、挫け方が。あたいも少し成長した模様です。

本編は以下のリンクからどうぞ。
ちょっと不思議な夢、見たの

スポンサーサイト
LITERATURE | コメント:0 | トラックバック:0 |

世界の果てに聞こえる、ほんの些細な幸福の詩。

ええと……これ、何時の俺だろう……。
6年前の自分のテンションに唖然愕然悄然とする六寺です。「cherish」における「六年前のアレ」ってそういうことか。
そんなこんなで、「世界の果てに聞こえる、ほんの些細な幸福の詩。」の後書きを移管。
今見るとこの物語って――や、多くは語るまい。
ちなみに、この日付登録は2004年の設定になっておりますが、2010/02/09のあたいが行っております。世はまさに大後悔時代。



―――――――――――――――



あとがき


フフフ……もう、まっちろッスよ……。

これで二度目の登場、余枠勝ち取り戦のトリをつとめることになっちゃってた六寺のあらデス( ̄▽ ̄;)

え?自己紹介はいいから、とっととあとがきを書けとデスか?わかってマスよ~(:_;)

とにもかくにも皆さま、『世界の果てに聞こえる、ほんの些細な幸福の詩。』を読んでいただき、ありがとうゴザイマス!……ってこの題名長っ!!
さて、今回の『世界の果て~~(長すぎ)』デスが、文化祭が18・19日にあったり、23日が可憐の誕生日だったりしたためにかなり急ピッチで作りマシタ。(TДT;)
そのせいで、作りの甘いトコがちらほら……。大目に見てやって……は、くれマセンよねぇ……(-.-;)

で、なんでメイドさんやねん、って話デスが、理由は簡単デス。

“願掛けしたら、『メイドさん』だったから。”

だから、うまく表現できてないことを責めるんだったら、六寺ではなく未菜山さんを責めt(抹消
ウソ、冗談デス、勘弁してクダサイ。((((゜Д゜;))))
けどやっぱ、もっとうまく書ければ……もっと萌えに近づけたはず……(´Д`)

あと、ここまで書いておきながら後悔してることが一つありマス……。
それは……





メイドさんの名前をひらがなみっつにできなかったこと。


=○☆)>Д<)・:;


以上、六寺のあらデシタ~


これは、未菜山さんのメルマガ『Can't take my eyes off of you』にて行われた第3回SS大戦・敗者復活戦にて公開したものデス。
あとがきも、そのまま載せていマス。



LITERATURE | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。