Cross of Wings -ver.weblog-

「Cross of Wings-revision-」's diary.  URL→http://ariato7ni339i.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あんまり寒いので、温かい紅茶を戴けると嬉しく思います。

お待たせしました本日第二弾です。誰か待ってればいいんだけどなー(チラッ

えーと、ともかく、続いては「あんまり寒いので、温かい紅茶を戴けると嬉しく思います。」です。タイトルは「世界の果てに聞こえる、ほんの些細な幸福の詩。」を超える最長記録となりました。おめでとう! このタイトルの長さはさすがに編集長にどやされました。さっきの「I sang~~」という前科もあったので余計に。悪かったとは思っている。しかし私は謝らn(ry
とかく、六寺さんはタイトルを短くできない人間です。最近でこそ「ノキニタヒ」「SEEK」「間違い探し」「Nicola」などの短いタイトルが増えましたが、ひとたび本気を出せば(?)上記3タイトルはもとより、「I'm BEATing on the Earth」「El enamorado abrazó a la enamorada」などの横文字ロングタイトルもがっつり出てきます。半角だからまだいいものの、「El~~」は空白を除いても29文字です。しかも英語以外とか喧嘩売ってるとしか思えないw ちなみに、卒論(副題含む)の題目も、ゼミ内最長を記録いたしました。これは提出の際に自分で頭を抱えた。

さて、タイトルのことはそろそろおいといて、中身についてです。この作品の掲載された号に「童話」というテーマがあったのですが、私は「白雪姫」を選びました。まさかのカブリなしに驚いた! この作品と白雪姫がどう関わってんだ、という問いもあるかもしれませんが、あります、大いに。こじつけとか言ったら泣くぞ-、喚くぞ-。
登場人物について。「私」にも「彼」にも裏設定としての名前はあるのですが、本編中に出てこないし、出すとしてもすごい長いものを書かなくてはならなくなるので伏せます。面倒やねん。(´・ω・)
読書会で年齢を尋ねたところ、20代前半という意見から30代という意見までいろいろ聞きましたが、まあ、これと言って設定してないので、お好きにどうぞ。ただ、少しでも主人公や彼のかわいらしさが伝わると嬉しい。ちょっと浮かれた感とかなんだとか。
実は、6段落目くらいまでは男主人公という設定で、途中で変わったのはないしょのしみつ。どういうことなの……


ではそろそろ本編へドゾー。HTMLバージョンはこっちなのぜ!


あんまり寒いので、温かい紅茶を戴けると嬉しく思います。…の続きを読む
スポンサーサイト
LITERATURE | コメント:0 | トラックバック:0 |

I sang a song of blue for...

こんばんは、颯爽と10日空きで帰ってきた六寺です。21日の宣言は一体何だったのかね。
今日は2本立てでまいります。「I sang a song of blue for...」と「あんまり寒いので、温かい紅茶を戴けると嬉しく思います。」を掲載する予定です。これから打つのだけど、今日中で間に合うかしら。(※琴子さんは昨年2月にデータをロストしたため、09年度新歓号以前の作品は冊子にしか残っていません。しかも09年度新歓号「飛花」は行方不明。お片付けしたらでてくるかしら……)
「ノキニタヒ」に関しては長いものなんで後回しにいたします。少なくとも今からじゃやれないのぜ。

で、まずは「I sang a song of blue for...」のお話。
お話、と言うには詩的です。しかし、あくまで「的」です。完全にそうと言えるかは受け取る方次第なのですが。作者としては、物語の断片と言うべきかと。
と言っても、この作品を通して言いたいことは、二つだけです。見つけられたらちょっと恥ずかしい(笑)
あと、このお話はホントに「青」だらけです。真っ青マサオ君です。どういうことなの……。地味に前作の「すきとおるような、あおい」ともかぶってるし……なんなの、一体。当時のあたいは気づいてませんでした。自作でかぶるなよぉぉぉぉ!
とはいえ、「I sang~~」と「すきとおる~~」では、実はテーマ性は全然違ったり。どっちも青ですけど。この間で心持ちでも変わったんでしょうか。詳細は覚えていない、ということにしといてくださいw

さて、そろそろ本編にまいります!
Blog上でなく、HTMLで普通に見たい方はこちらへ飛んでご覧ください。この日記の更新後、15分程度で見られるようになってると思いますw


では、どうぞ。


I sang a song of blue for...…の続きを読む
LITERATURE | コメント:0 | トラックバック:0 |

無題目無認科無理

よくわかりませんが眠れません、こんばんは。
最近はお久しぶりだの暫くぶりだのといった始まり方をしてたので、まあ新鮮。たまにはぐでぐでんと喋ることがあってもいいはず、なんて発想で何か書くことにしました。
でもあれだなー、「何か」ってだけで何か文を書くのは大変すぎるなー。テーマがあれば楽なんだけどな-、なんて思うことがしばしばあります。
しかし、いざテーマを渡されるとそこからよく脱線いたします。文藝會においてもある冊子はテーマを定めてそれに沿って書いたりするのですが、実に大変。時間もかかるし作品の行方も大迷走。右往左往して不時着、なんとか成形して提出にこぎつけるも、後から読むと尻がむずむずしたりして。
「海のものとも山のものともつかぬ」って状況からなら、テーマはもしかしたら役立つかもしれないけど、何となく方向が固まってしまうとテーマって幅を狭めるだけのものになってしまうのです。おお、つらいつらい。
そして、「テーマ」ってテーマで書いてる今は――うん、超狭い。まー、これくらい怠い文の方が眠気を引き起こすのには十分かもしれません。といいつつ、まだまだ目が冴えてるあたい。どういうことなの……。

にしても、最近の日記文は短いのう。なんて思って少し振り返ったら、そもそも日記を書いてないことに気づく。
……そろそろ、日記にかこつけて文を書くことを思い出そうかしら。小説も学祭号提出以後は書いてないし、あと書いた文って卒論と就職報告、時折のメールくらい? うわぁ、これはひどい。とても国語教育ゼミ&文藝會に所属してる人とは思えない。うん、ちょっとずつ書こうかね、あたい。
と、その前にゼミ内発表会の資料準備をしなきゃいけないという。おいィ、一体どういうことだ。がんばれあたい、くひゃー\(^o^)/

まるで眠気自身が眠ってしまったかのように睡眠欲が発生しないですが、そろそろ引っ込もうと思います。そもそもこんなんなんで書いたんや? 夜中の勢い恐ろしい。
ETC | コメント:2 | トラックバック:0 |

生存確認

油断するとこうやってすぐ間が空くねん。どうしたものやら。
とにもかくにも、卒論を学科中100番で提出してあっちふらふらこっちふらふらしてたら一週間。今はご飯食べたら急に気分悪くなってきた。うゆー、調子おちたーorz
とにもかくにも、あたいは無事です。うえっぷ。 ホントはもっと書くつもりでしたが、文句は冷えたおでんに言ってくりゃれ。

あと、サイトの細部を変更中。地味に変わった部分がちらほら。いずれ変わるところもちらほら。
ETC | コメント:0 | トラックバック:0 |

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年も宜しくお願い申し上げます。
2010年元日 六寺のあら


どこの年賀状でしょうか。
固いのはこれくらいにして、本年もgdgdなあたいとお付き合いくださいませ☆
これをもちまして本年のご挨拶とかえさせていただきます。
ちなみに、あたいは1/9まで卒論で死に体と考えられます。過度な期待はしないでください?
CW | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。